よくあるご質問

全般について

Q1 料金設定が安く感じますが外注ではありませんか?大丈夫ですか?

>>>外注ではありません。

   外注ではなく直接受注、直接責任作業です。

   E‐ライフデザインで熱闘!耕支援!!を立ち上げ「耕放支援隊」と銘打ち、E‐ライフデザ

   インの代表の平床が耕放支援隊の隊長となり自ら作業を地主様目線で行っています。

 

   使用する機械についても、E‐ライフデザインで所有管理し、日々のメンテナンス、部品交

   換や作業を行う上で必要な機材を手作りしたりと耕放支援隊隊長の平床が行っていま

   す。

   ただメーカーで指定された特殊な項目については購入店へ持込み、しっかりとメンテナン

   スを行ってもらっています。   


見積について

Q1 住所地番はどうやって調べればよいですか?

>>>毎年の固定資産税の課税明細・納付書などに住所地番が明記されています。

   面積も把握していただくことができます。

   

Q2 面積はどうやって調べればよいですか?

>>>ご安心ください。住所地番さえ把握いただいていましたら、当社にて謄本・公  

   図を取得させていただき、面積を把握させていただきます。

   謄本・公図取得費用は当社負担にて無料で取得させていただきます。

Q3 謄本・公図の取得の必要性はあるの?

>>>ございます。謄本は所有者様確認と正確な面積把握のため。公図は現地周辺が

   農地だった場合に現地特定を行いにくい状況が多々あり、そうした際に公図が

   有効になるとともに土地形状の把握ができます。これは他の方の土地を草刈し

   てしまうといった間違い事故防止にもつながりますので謄本・公図取得費用は

   当社が負担させていただいております。

Q4 現地の一部分が草が生えてないんだけどその部分の面積はどうなるの?

>>>面積は謄本面積で確認させていただき御見積させていただいております。

   そのため、御見積額は作業面積ではなく謄本面積で算出させていただいており

   減額にはなりません。

   しかしながら敷地から道路や側溝などにはみ出ている「謄本面積」以外の部分

   にあたる草も追加料金をいただかずしっかり作業をさせていただいております

   のでご了承くださいませ。

Q5 見積の時、立ち会わなくてはなりませんか?

>>>通常お立会いいただく必要はございません。

   どうしても現地を特定することが難しい場合や特定したとしても特殊作業など

   ご相談事項が発生する場合にお願いすることがあります。


料金について

Q1 1回だけお願いしたい場合、半額になりますか?

>>>申し訳ございません、なりません。

Q2 年間一括管理を3月末までに申し込めなかった場合どうなりますか?

>>>まずは一度お問い合わせご相談ください。

Q3 年間一括管理はいつから申込ができますか?

>>>年間を通してお申し込みいただけます。


作業について

Q1 乗用草刈機での粉砕と刈払機での刈り倒しとでそんなに違いますか?

>>>違います。

   ご近所の皆様からの心象も大きく違います。

   刈り倒しだけの場合「草の山が残った」感が否めず「刈るだけ刈ってそのまま

   にして行かれた」というイメージを持たれます。

   乗用草刈機により粉砕まで行えば「最後まできれいにして行った」というイ

   メージを抱いていただけます。   

   下の写真は季節は違いますが同じ場所で刈払機での刈り倒しのみの作業(1枚

   目・2枚目)と乗用草刈機で粉砕までの作業を行った写真(3枚目・4枚目)

   です。敷地の地盤面の高さが変わる部分をご覧いただくわかりやすいと思いま

   す。いかがでしょうか?

刈払機・作業前

刈払機・作業後

乗用草刈機・作業前

乗用草刈機・作業後

Q2 粉砕だけで大丈夫ですか?

>>>写真は草丈2mの草を粉砕したのちの草と500円玉との比較です。

   草を刈って回収・処分したとしても掃除機で吸うわけではないため草の残骸が

   現地に残ります。粉砕はその状態と同じような状態になります。

   日が経つにつれ、粉砕された草はより痩せていき土に還ります。

   当社の「粉砕処理」はお財布に優しいだけでなく、焼却場で焼却処分を行わな

   いため、環境にも優しい・・・自信を持ってお勧めいたします。

Q3 乗用草刈機だけで作業するのですか?

>>>乗用草刈機だけではありません。

   乗用草刈機で作業できない部分が道路沿いや敷地の外周部分といった場所は草払い

   機で作業いたします。草払い機で刈った草は乗用草刈機が作業できる場所に集めて、

   乗用草刈機で粉砕いたします。

   また草払い機のほか、清掃のための空気圧送機「ブロアー」や手刈りの鎌など

   多くの機械を使用いたします。

Q4 木を倒して欲しいのですが出来ますか?

>>>対応可能です。

   伐木等の業務特別教育を修了した耕放支援隊隊長の平床が作業させていただいて

   いますのでチェーンソーを用いて作業させていただきます。

   ただし特殊作業のため別途御見積となります。

   また伐採後の樹木の場外への処分は当社は行えないため別途手配となります。

Q5 伐根もして欲しいのですが出来ますか?

>>>対応可能です。

   車両系建設機械(整地等)運転技能講習を修了した耕放支援隊隊長の平床が作業

   させていただいていますので建設重機(ミニショベル)等を用いて作業させていただ

   きます。

   ただし特殊作業のため別途御見積となります。

   また伐根後の樹木の場外への処分は当社は行えないため別途手配となります。

Q6 投棄されたごみの処分もお願いしたいのですが出来ますか?

>>>申し訳ございません。現時点対応させていただいていません。

   作業中に投棄ごみが出て来ることがございます。その際にはある程度の場所に

   集めるようにさせていただいています。

   場外への処分は当社は行えないため別途ご手配いただくこととなります。

   ごみがごみを呼びますので出来れば、草刈作業完了後にお客様の手によって回

   収いただき収集ごみに出していただきたいと思います。

Q7 側溝に流れて溜まった土を敷地に上げてもらえますか

>>>対応可能です。別途御見積させていただきます。

Q8 草の高さが高いけど作業可能ですか?料金上がりますか?

>>>可能です。料金は上げずに通常料金のまま努力させていただいております。

Q9 自宅の庭先もやってもらえますか?

>>>申し訳ございません。現時点対応いたしておりません。

   乗用草刈機での作業を行う敷地を想定しております。

Q10社有地の作業もやってもらえますか?

>>>対応させていただきます。

   お気軽にご相談ください。

Q11作業の時、立ち会わないといけませんか?

>>>お立会いいただく必要はございません。

   御見積時にしっかり現地特定が行えていれば、当社でしっかり作業を行わさせ

   ていただきます。


その他

Q1 不動産についての相談もできますか?

>>>できます。

   当社が不動産仲介業者として愛知県知事免許をいただいており、ハトマークで

   おなじみの愛知県宅地建物取引業協会の会員であり、代表の平床(ひらとこ)

   が当社専任の宅地建物取引士です。

   草刈に携わらせていただいたことで、お客様の土地の地勢や地域特性など把

   握した平床がご売却や賃貸、活用などのご相談に対応させていただきます。